院長紹介

保田 真吾 医師

20220114_yasuda-25_edited.jpg

京都大学でアルツハイマー病などの神経変性疾患の病態解明と治療法の開発に取組み、医学博士を取得。また、准教授として再生医学の応用研究に従事し、国際的評価の高い学術誌に研究成果を発表してきた。整形外科医としては、人工関節置換術や膝関節鏡手術を数多く経験。公的病院にて医長や副院長、院長代行などを務め、病院全体を管理する仕事にも携わってきた。
臨床医として勤務しつつも、再生医学の臨床応用については常に研究しており、実用段階となった再生医療の症例を2500例以上経験。再生医療の長所、短所を知り尽くし、理想の関節治療を実現するため、大阪梅田に新規クリニックを開設する決意をした。「和顔愛語 先意承問」の精神で、丁寧な診察を心がけている。

経歴

京都大学医学部大学院修了 

京都大学助教授(准教授)

市立舞鶴市民病院 副院長・院長代行

国立病院機構 舞鶴医療センター 医長

公益財団法人 丹後中央病院 部長

医療法人社団活寿会  大阪ひざ関節症クリニック 理事長  院長

膝の痛み専門 大阪梅田セルクリニック 院長

【専門医など】

京都大学医学博士

日本整形外科学会認定専門医/リウマチ財団登録医/臨床内科認定医/糖尿病療養指導医

日本医師会認定産業医

【学会発表】
2015年    第43回日本関節病学会 札幌
                術前に診断できなかった膝関節限局型色素性絨毛結節性滑膜炎の2例
2017年    第60回日本手外科学会学術集会 名古屋
                難治性橈骨頭・頸部骨折に対するsliding osteotomyの成績
2018年    第73回米国手外科学会議    ボストン
                 The Sliding Osteotomy Technique for the treatment of the Radial Head 
2021年 第1回日本Knee Osteotomy & Joint Preservation研究会,  神戸 
                バイオセラピー専門施設の実際-EBMの構築と社会理解の醸成に向けての取り組み. 
2021年 第94回日本整形外科学会学術総会 
                変形性膝関節症に対するバイオセラピーにおけるMRI三次元画像解析ワークステーションを用いた関節軟骨の評価
2021年 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会・一般社団法人日本整形外科スポーツ医学会 JOSKAS 札幌 
                半月板損傷に対する血小板由来成分濃縮物-凍結乾燥(PFC-FD)の関節内注射の短期成績


【論文 著書など】
2004年    Nature 
                 Cdc42 and mDia3 regulate microtubule attachment to kinetochores.
2007年    Journal of Experimental Medicine    
                 Impaired T lymphocyte trafficking in mice deficient in an actin-nucleating protein, mDia1.
2013年    Cell Reports  
                 Loss of a Rho-regulated actin nucleator, mDia2, impairs cytokinesis during mouse fetal erythropoiesis.
2015年    日本関節病学会誌    
                 術前に診断できなかった膝関節限局型色素性絨毛結節性滑膜炎の2例
2018年    日本手外科学会雑誌    
                 難治性橈骨頭・頸部骨折に対するsliding osteotomyの成績
2020年 関節外科   
                 変形性膝関節症に対するBiologic healing専門クリニックの実際とエビデンス構築
2020年 日本整形外科学会雑誌
                変形性膝関節症に対する血小板由来成分濃縮物 - 凍結乾燥 (PFC-FD) の関節腔内注射の治療成績
2021年 日本整形外科学会雑誌
                変形性膝関節症に対する2種類の幹細胞治療 (脂肪由来培養幹細胞または非培養SVF) の2年臨床比較成績
 

クリニック装飾