PRP治療

医薬品およびシリンジ

PRP治療

PRP治療とは


けがをして出血した時、傷口には血小板が集まってきます。血小板は止血を行うだけでなく、成長因子というたんぱく質を出して、傷ついた組織を修復する働きがあります。このような血小板の働きを利用して加齢やスポーツで傷ついた組織を治すのが、PRP治療で、ヨーロッパやアメリカでは盛んに行われています。
PRP治療は血液に含まれる血小板を濃縮し、関節内に注射するという治療法です。PRP治療には、炎症を抑えて痛みを軽減する効果、損傷した軟骨、半月板、骨、靭帯を修復する働きがあります。PRP治療は、プロスポーツ選手が選択することも増えており、その効果は広く知られるようになっています。PRPの効果は多くの研究で明らかになっており、変形性ひざ関節症や半月板損傷の痛みにも有効であることが分かっています。当院では、変形性関節症及び関節痛(膝関節・股関節・足・肩・肘・手)に対し、PRP、PRP-FD、もしくは次世代PRPと呼ばれるAPSを用いた局所注射療法を行っています。


PRP(Platelet-Rich Plasma)とは


PRPは、傷ついた血管や細胞などの組織を治療する働きを持つ血小板を多く含む成分です。日本語では多血小板血漿と呼ばれています。採血した血液を遠心分離にかけ血小板を多く含む層を抽出します。ここには新しい組織や細胞の成長を促すたんぱく質(成長因子)が多く含まれています。また炎症を抑え、疼痛を軽減する物質(サイトカインなど)が含まれています。

PRP-FDとは


PRP は血小板を多く含む部分ですが、PRP を活性化させて血小板から傷を修復する「成長因子」のみを取り出し、凍結・乾燥(フリーズドライ)加工したものを患部に注入する治療法です。PRP に比べ、成長因子(TGF-β※)の総量が約2 倍含まれるため、より高い効果で炎症による痛みを抑え、損傷部位の治癒を促します。
PRP は採血当日のみ使用できますが、PRP-FD の場合、フリーズドライ加工されているため、6ヶ月間の保存が可能です。

APSとは


PRPをさらに遠心分離・濃縮することで、炎症を抑える働きのあるタンパク質(サイトカイン)と、細胞を増殖させ、組織の成長を促進する成長因子を高濃度に抽出したものがAPSです。次世代PRPとも呼ばれており、関節の痛みや炎症の軽減、軟骨、半月板、骨、靭帯の修復を促す働きがあります。

血小板とは


血小板は血液に含まれる成分です。出血した時に止血する働きがあります。さらに損傷した組織を修復する働きがあります。血小板の中には様々なタンパク質(成長因子・サイトカインなど)が含まれています。これらのタンパク質は炎症を抑える効果や組織の修復を促す作用があります。


治療の流れ


診察とMRI画像診断

医師が膝の状態を詳細に確認し、治療について説明します。

採血
治療に必要な量の血液を採取します。(50ml程度)

加工
専用キットを使って,、採血当日にPRP、APSを作成します。
PRP-FDの場合は、採血した血液を加工施設に送ります。

投与
PRP、APSは出来次第、注射で患部に投与します。
PRP-FDの場合は採血して、3週間後に患部に投与します。
 

Schedule online. It's easy, fast and secure.